事例

08-04

弁天町の家

大阪府大阪市港区に建つ127,17平米の鉄骨3階建て工場併設住宅。この建物は1階が仕事場、2・3階が住居だ。

間口が4mしかない敷地に、工場の併設によって5階建ての高さと変わらない、細長い計画になった。地域が3方に建物が建つ密集地なので採光と風の通り道は特に気を使った。解決策としてハイサイドライトと小窓でプライバシーを確保しつつ、通風・採光を確保した。

細長いのは縦方向だけでなく、奥にも細長い敷地形態なので、狭さを感じさせない工夫が必要だ。解決策は大きな空間を造り、可動式の建具で空間を間仕切る処理だ。特定のスペースは造らずあやふやな空間で自由な使い勝手を造った。

ただしこうした間取りの場合は”モノを増やさない”事が原則! クライアントにはくれぐれも、とお願いした。

住宅

所在地 大阪市港区
家族構成 夫婦+子供3人
構造規模 鉄骨造3階建
敷地面積 55.03㎡
建築面積 43.75㎡
延床面積 127.17㎡
竣工 平成8年9月
MEMO ◎第20回INAXコンテスト入賞
◎カーサウエストNO17号で紹介されました。