ブログ

【建築教室】カテゴリ

くつろぐ場所(居間)を考える

住宅から例にとりましょう。

帰宅して、家に居てくつろぐ場所は何処なんだろうか?家事作業を終えたとき、ホッとくつろぐ場所は?。

外から帰って疲れた体を休めたい時は何処で?食事の後気分を変えて団らんのひとときを過ごす場所は?

精神的に休める処、気分を変えたい処、是等は其々において一つではありませんね。

状況に応じて感覚は変わります。

よく言われる『リビング』『居間』『茶の間』は決まっている訳ではないと思います。

人間は型にはまっている訳では有りません、人が10人居れば10人が其々性格や考え方が違います。

当然感覚も違うのですね。

くつろぐ場所も一つとは限りません、畳の上でゴロゴロしたりソファーで本を読んだり、ベランダか庭に出て外の空気を吸ったり、ダイニングテーブルでお茶を飲んだりと様々です。

くつろぐ場所は幾つも有り、又くつろぎ方も様々だと言う事です。

家の室内空間は形にはめるのではなく臨機応変に使い方を変える事が出来る事が大事ではないかと思います。

とは言っても一応は概ねくつろげる場所を造る事は重要ですね。

言い換えればテレビが有ればそこは人がいつの間にか集まり易く団らんの場所になり易い。

只皆さんがテレビに夢中になってしまって会話が無く成ってしまうのも困りモノですけどね。
ソファーやゴロゴロ出来そうな絨毯や大きめのクッション等はくつろげる場所の家具・小道具として役に立ちます。

高い天井等も雰囲気を醸し出しますね。

『くつろぐ』は休息であり充電でもあり、団らんでもあるのです、皆さんの『くつろぐ』はどんな形なんでしょうか?

 

日辺りの良い所でネコと戯れる。

_S4E9832

 

庭を見ながら読書を、合間にワイン等軽いアルコールを頂く?それとも香り高い紅茶なのでしょうか?

11.休憩室

 

家族揃ってのテレビ鑑賞、食事の早い人はソファーで、ゆっくり味を楽しみながらの人は大きなダイニングテーブルで。

farmhouse in mihara

 

椅子型の生活よりもゴロゴロ寝頃ぎながら、板間や畳のくつろぎ。

img571

土間で遊んでいる子供相手に板間で読書でもしますか。

ono-5307-1

 玄関を考える

玄関と聞くとどうイメージされるでしょうか?人を向かい入れる所、家人を送り出す場所、靴を脱ぐ事、等々。
玄関とはそもそも武家屋敷からの派生です、格式を重んじる武家社会に取っての玄関はご主人が出入りする唯一の場所なのです。

何時から日本の住宅に玄関なるものが導入されていたかは不勉強で申し訳ないのですが、概ね今の日本の小住宅における玄関とはほぼ靴を脱ぎ履きする場所となっているのではないでしょうか。

必ず有りますね下足箱が。

今の住宅で『いってらっしゃ〜い』と送り出すお母さん、『おかえり〜』とお迎えするお母さんがどの位居るのかと。

精々宅急便や不意にやって来る営業マン?ご近所?さん達との立ち話、受け取り場所程度ではないでしょうか。

もう少し『玄関』を色んな活用法を考えるか別の考え方にするか、真剣に考えねばならない時期に来ているのではないかなと思います。

 

下記の写真は高齢者のお父様の為に段差を一切無くして家に入れる為の『玄関スペースです』

名称未設定 6 のコピー

家の玄関戸を開けると『通り土間』が有ります。
此の通り土間が子供の遊び場にもなり自転車をおく事も出来、ご近所さんとの歓談の場所にもなります。

 

s-ono-5172-1 のコピー

地方に建つ住宅の場合は格式を有る程度求められる場合が有ります。
来客専用の玄関です、家人は右手の下足室から家に入ります。

玄関 のコピー

灯りを考える

住まいを考える場合、昼間の生活と夜の生活は違うと考えています。

昼と夜の大きな違いの一つめは太陽の光が有ると無い、つまり明るさが極端に違う。

二つめは行動のエネルギーが大きい昼間と就寝に近づき小さく成る夜です。

解り易く言うと『静と動』夜は一日の疲れを癒しつつ家族団らんを過せる穏やかな時間を過せる演出、場面を造りたい。

そうした場面を造り出す一番の道具が灯りです、そう、照明ですね。

光を昼間の様にキンキンに均一的に照らすのではなく、落ち着いてしかし必要な所には必要な灯りを照らす。

これが重要と考えています。

灯りの『道具』が目立つのではなく『灯り』が重要なのですね、要は照明器具は目立って欲しい訳では有りません。

DSC03645

 

トイレは落ち着いて用を足したいですね。

 

 

toile

 

落ち着いた光のもと宴は続きます

 

DSC03657

木製建具

建築の窓の種類として鋼製建具(アルミ・ステンレス・鉄で出来た建具)木製建具、文字通り木製の建具です。

が有ります。

概ねアルミ製の建具が多いですね、これは工場生産し易い→(既製化)又建築基準法から成る不燃材料で開口部(窓等)を造らねば成らない事から来るのが要因だと思います。

既製品化出来るのもコストに反映出来る事も大きいです。

木製建具は先ほど言いました様に法規制での縛りが大きいです。

一般市街地に多く網が掛かっている準防火地域等では延焼ラインにすぐ掛かるので木製建具は中々出来ません。

まぁ、コストはかなり掛かりますが防炎の認定を受けた商品や製品を使えば此の限りでは有りませんが、極稀なケースでしょうか。

既製品のアルミの建具にはやはり既製品なので大きさに制限が有ります。

開口のデザインとしての自由度はかなり制限されます、しかし、木製建具はそれに反して開口方法も含め大きさの自由度は既製品のアルミ製の建具をはるかに凌ぎます。

デメリットとしては、造る技術、時間、コスト、法規制がのしかかりますね。

最近は工期をかなり早めに希望される事が多いのと、造れる職人さんの現象で余り見られなく成りました。

 

写真に有る様に

木造住宅での開口部(窓)のデザインはとても重要です、チャンスが有ればなるべくこうした大開口が出来る木製建具を造る様にしています。

建具が全て壁の中に収納されるので内と外の空間(居心地)が一体に成れる感覚を味わう事が出来ます。

外の景色もよく見られるアルミ建具の桟などが見えないのでスッキリと見れるのも特徴です。

 

DSC03711

窓を考える。(情景を映す)

建築を設計(デザイン)する時の要素として、周辺環境の情景を取り入れる、映す、関係する事も考えています。

特に窓(開口部)を決める時(切り取る時)内から外の見え方、風の通り方、光の入り方、建築の外観等色んな要素を考えねば成りません。

当事務所のホームページにも一部書いていますが只窓を付ければ良い訳ではなく、付ける事に依ってどう見えるかを考えねば成らないのですね。

今日は其の一部、情景(環境)を映すを紹介します。

敷地の前に池があるので、太陽の光が池の水面を反射して室内の天井に光が差し込んで、光が池の波で揺れている情景を映しています。

それと同時に樹々の影も同時に壁面に投影されて外の情景(環境)を室内に取り込んでいる訳です。

室内が自然と一体に成った瞬間では無いでしょうか、生活に彩りが添えられますね。

 

 

 

 

DSC05182

 

 

 

DSC05180

原寸取り

熊本プロジェクト(玉東町のいえ)の屋根梁の木取りを始める所です。

屋根がムクっている為に実際のムクリ加減を床板(合板の上)に書いています。

こうして書いた線を切り取り木材に当てて削りだす作業をします。

こうした原寸取りの作業をする工務店や仕事をする事が巷ではほとんど見ません。

大工さんの仕事からプレカット工場でパソコンの手に委ねられる事が殆んどに成りました。

職人芸?匠の技?がほとんど消滅しかかっているのが現状のようです。

職人さんが不足、又は居なくなって来ている現状では致し方ないのかもしれません。

こうした原寸図をチェックしながら実際の曲がりを確認する事は建築を造る事において重要な行為と位置付けています。

此の段階で曲がりの修正を行ないます。

DSCN3434

 

一度切り取って置いてみるとより解り易くなります。

微調整はこの辺りで決めますが、ほぼ決定です。

DSCN3437

こんな感じですね。

 

 

P1070538

 

木構造の仕口

週末の土曜日は福知山プロジェクトの上棟、12坪の小さな建物だが中身がぎっしり詰まった建築です。伝統的工法を周到して法的に合致したモダン?な離れです。柱や梁は栓とクサビで締めて行きます、勿論法的に必要な金物も使用しています。しかし金物は一切見えない様に工夫されています。


柱や梁がほとんど見えるデザインなのでそれらの結合部分の逃げが無く大工さんの技術の見せ所です。勿論その見せ場のデザインをしている私なんかはもっと緊張します。IMG_2620IMG_2543 IMG_2544 

大野鶴夫 プロフィール

建築教室

おーの の 雑記帳
[過去のブログ]

過去の記事

カテゴリ

管理

ログイン