ブログ

頭も夏仕様

多分15年以上はお願いしている散髪屋さんが有ります、事務所が大阪市内の土佐堀に有った頃最初にお世話に成りました。

それ以前は同じく10数年お世話になった片が居たのですが残念ながら事情で遠くに行かれてしまいその後色々とアチコチ試していました。

事務所が北浜から土佐堀に移転した事も有り、其の周辺で散髪屋が有ったので試しに入ったのです。

当時若かった彼が長きに渡ってお世話に成るとは当時は想像もつきませんでしたね〜。
その後事務所が阿倍野に移転し又その後豊中に新たな拠点を構える様に成ってもほぼ30日前後毎には肥後橋の『湯村』さんにお世話になりに行ってます。
なんでわざわざ時間と電車賃を使ってまで肥後橋まで出掛けているのかと言われているのですが理由は解りません!
まぁ、気にいって居るのでしょうね。
此の短い髪の毛は本来なら自転車に乗っているはずなのでヘルメットを被るので汗対策でもあるのです。
又短い分簡単ですけどね。
しかし私の髪の毛も随分と少なく成りました・・・又当然ですが白いのも増えましたね〜・・・。
何時までお世話に成れるやら・・その内バリカンで済む様に成ったら自分でしますけど。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

油断するとすぐ忘れる更新

日記も毎日書かない様に成るとついつい更新を忘れてしまう。
最近の報道は将棋界の中学生棋士藤井4段の話で持ち切りです。

将棋界に疎いので連勝記録がどの位凄いのか正直解りません、報道ではとても凄い快挙と言って居るので凄い事なんでしょうね。

でもなんか今ひとつ釈然としないのが若い若すぎる14歳の少年を煽り立てている大人達です。
其のプレッシャーと言うか余りにもの騒ぎに14歳は如何に思うのでしょうかね。
もう少し扱いを優しく、小さくしてあげて本人の出番(対局)が終了(竜王戦の終了)したらど〜〜〜〜ん!と扱えば良いものを毎日毎日沢山のカメラで追っかけられて毎朝新聞で報じられたら結構大変だよなぁ〜。
芸能人ならいざ知らず勝負師ですからね〜。

写真は友人が家を建てた時に自分で造ったピザ釜です、いやぁ美味しかったわ〜
e0068460_13553662

 

運動不足のピンチ

左膝半月板損傷の影響は如実に現れますね〜昨年秋から今年の春までの自転車とスキーの運動量で辛くも維持していたのですが・・。
春先で痛めた膝で運動を止めたら体脂肪率が20%まで上昇してしまった。
一日で体脂肪率は2%前後の変化が有ります、一番高く出るのが朝なのです。
何時も朝方に計測します、もし夕方に計ると18%位なのでしょうかそれでも今まで多くても16%台だったので少々凹んでしまいますね。(腹凹んでくれ!)
これから夏に成ります、衣替えをしだしたのですがサイズが少々キツく成って来たのではないか?とこれ又凹み気味・・・。
将来にそなえてワンラックアップの服を買いに以降日と思案中・・。
それか今から悪あがきしてなんとか現状維持を計るか思案のしどころです・・・。

写真は日曜日の朝の朝食で作ったサンドイッチ。
運動出来ない日曜日は日までヒマでしょうがない・・・余りのヒマさに家族の朝食を作りました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

46年振りに

所用で日本橋の電気屋街に出掛けるとこの数年館の間に凄い様変わりした様に思います。
電気屋さんがかなり閉店したようです、アチコチにビデオ屋、飲食店、メイドショップ等等。
メイドショップは以前から気が付いていましたがビデオ屋には驚いた。
『五階百貨店』と呼ばれる電気関係の道具等ジャンク的な電気製品を売っている地帯が有ります。
其処に用事が有ったのですが、目的は果たす事は出来ず仕方なしに、前から気になっていた通天閣からジャンジャン横町辺りに行ってみました。
この通天閣やジャンジャン横町辺りには19歳〜20歳頃、たまたま恵比須町に現場が有った事も有り現場監督をしていた富樫さんとよく遊び回っていた所なんです。
其の通天閣、ジャンジャン横町に46年振りに訪れてみました。
一言で言うと『浦島太郎』でした。
まぁ〜若い子達が一杯遊びに来ていましたね〜串カツで有名に成ったのでしょうね、『2度浸け禁止』此のセリフで有名に成ったのか。
私も当時食べた事が有りますが普通でした、値段は安かったですね。
当時あの辺りは労働者の遊び場でした、近くにニシナリ若しくはカマと呼ばれたドヤ街が有りました。
今は愛隣地区と呼ばれていますがそんなに普及していない呼び名でしょうか、相変わらずニシナリと呼ばれている様に思います。
そんなニシナリから近いジャンジャン横町は労働者にとって憩いの場所であったり食事の場でもあったのです。
私なんぞ将棋のお店で横から覗いたり串カツ喰ったり遊んでいましたが私の世代は皆無でしたね。
何しろ雰囲気が余り宜しくなかった所です、地下足袋は居て作業着姿、頭はタオルで鉢巻き姿で赤ら顔のオッサンがウロウロしているわけですから若い女の子が通ろんものなら『ね〜ちゃん一杯行こ〜』とすぐナンパされますね。
まぁ私も鳶足袋履いて、作業着来て頭は当然鉢巻きタオルですからもうピッタリ同化していました。

それが今や若いカップルはじめ家族連れでとても賑わっていました。
変われば変わるものだと・・・今や観光名所と化していましたね。

 

IMG_0390IMG_0391

 

千早赤阪村

所用で千早赤阪村へ出掛けて来ました、折角此処まで来たら『棚田百選』にも登場する下赤阪の棚田に行かねばと何年振りかで訪問して来ました。
棚田は今まで三重県熊野に有る『丸山千枚田』石川県輪島に有る『白米千枚田』自転車練習コース能勢町に有る『長谷の棚田』辺りは訪れた事が有ります。
あと熊本プロジェクトの折熊本阿蘇近辺で見た記憶が有るのですが名前が思い浮かびません。
こうした棚田はドンドンと消えて行きそうです。
農業従事者の高齢化と農作の効率化でドンドン取り残されて行くようです。
しかし、景観と言うお金にならない情緒だけに訴えかけられるお話は現代には通用しなく成って来ていますね。
こうした事をどうしたら残して行ける様に成るのでしょうか。
能登の白米千枚田みたいにオーナーを集うプロジェクトも有りますが大変そうですね。
有る特定の人に寄付をお願いして進めるのは限界が有りそうです。
草の根の融資を集い景観に賛同を得られる人達に僅かのお金でも良いから協賛金を集める行為が必要かもしれません。
しかしこう言う運動をする場合それを実行するボランティア、事務局が大変だとも聞いています。
の本の場合こうした行為がアメリカよりはるかに遅れているのは文化に対する関心が薄い国民性?に有るのかもしれませんね。
前にも書きましたが神戸のルミナリエも存続が危ぶまれています、楽しんだ分だけ寄付をして欲しいなぁと何時も思いますがタダだと思っているのですね〜。
焼きそば食べるお金はあっても寄付には関心が向かないようです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

今日は6月14日

今更ながらもう折り返し?当事務所のカレンダーの一つに『日めくり』カレンダーが有ります。
其のカレンダーには旧の日、お天気の統計、暦等が書かれているのです。
毎日ベリッ!とめくると一日が始まる気分に成ります。
でも見方が小さく成るのですね、横の月カレンダーを見ると、もう6月の中頃だと気が付きますが日めくりカレンダーだとそこら辺りが見逃してしまいます。
で、よくよく考えたら1年も折り返しゾーンに入ったと言う事でしょうか?
厳密には6月末に成るのでしょうがなんか早いなぁ〜。
前にも書きましたが歳を取ると時が経つのが早く成る言われます、そんな時に何で早く感じるのかを説明する時に年齢が分母に成るんだなぁ〜と言います。
私の場合は66なので66分の1おおよそ0.0151これが30歳だと30分の1おおよそ0.0333ほぼ半分ですね。
30歳若い子の倍早いわけですね〜
うかうかしてられんわ!時間が惜しい!!!

写真は唐招提寺のモックアップです。
此の木組みに美しさに惚れますね!何時かこんな仕事に携われる事が出来たらと妄想を掻き立ててます。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

大野鶴夫 プロフィール

建築教室

おーの の 雑記帳
[過去のブログ]

過去の記事

カテゴリ

管理

ログイン