ブログ

パソコン不調!!

私のMacAirもいよいよ危ない!バックデーターを取っておかないとヤバいかも・・・。
さて、此の一月の間に事務所は新しい仕事を引き受けるのか?はたまた辞退すべきなのかで私の頭はグルグルでした。
過去形に成っていますが未だ未確定!
そもそも当事務所のポリシーとしては『来た仕事は断らない!』出来る仕事は何でもする!!『場所は問わない!』

でした。
なのに何を逡巡しているのかと言うと『コミュニケーションが出来るのか!?』
先月北京から素敵なご夫婦来られました、『是非共大野アトリエのデザインで北京に住宅を造って欲しい!』

その為だけに来日されて来ました。
通訳を挟んで6時間近くの会談は取りあえず北京の現場に行く、で終わり来週の21日に北京に向います。
この間20通近くのメールのやり取りが頭を悩ませます。
ご存知の様に語学がからっきし苦手な私です、日常会話ならまだしも専門用語も絡む仕事の話を一般の人に話せる訳が無い。
未だ英語が堪能なクライアントだから私の拙い英語を理解してもらえるが逆に私が理解出来ない事多々!!!です。此の一ヶ月日々英語漬け・・・。。。
出来るんかしら・・・日記の更新が出来ていなかったのはそんな理由だったのです。
取り敢えず21日に北京に行って来ます。
DSC01022

スペイン帰国報告その2

ビルバオの地下鉄駅舎、アプローチ等の設計をしましたノーマンフォスター。
地下鉄の入口の写真です、流れるような線形が特徴のノーマンフォスターのデザインは見る者の心を鷲掴みしてしまいます!
まぁデザインは良いのですがサインがほぼ無いので旅行社は困りますね〜もう少しピクトグラム等多用して欲しかったです。
でもデザインは大好きです!そらそうでしょうはるばる日本から此の地ビルバオまでわざわざ20数時間かけて飛行機とTGVと電車+バスで駆けつけて来る位ですから。
DSC00673 DSC00676 DSC00677 DSC00680

スペイン帰国報告その1(番外)

今回の旅行はフランスはパリ、ランス、アルザス地方、スペインのバスク地方のサンセバスチャンとビルバオを旅しました。
ではビルバオを報告しようとしましたが今日の大阪の暑さは尋常ではない!!!
同じ事を昨年も言ったかもしれませんが更に暑く成った気がします。
今朝のニュースでもパリが42度を超えた!と報道していました。
思わず思いだしたのが私の旅行中にビルバオで見た『44度』の表示です!(今日の写真)
流石に44度は未体験!大昔にシンガポールに旅した時も暑かったが此処までではない。
インドネシアのバリにも行った時に此処までではなかった・・・・。
ただ、ただ!ビルバオの44度は凄まじかった・・・。
これはサンセバスチャンから移動中のバスターミナルに着いた時の写真です。
流石に此の時はホテルにまっしぐら、2時にチェックインして夕方まで外出出来なかった・・。
唯一の救いは湿度が低かった位か、陰に入ると肌に刺す熱は無いが降り注ぐ熱風には勝てない。
いやホント地球環境は当に要注意ゾーンに突入した感が有る。
個人のレベルで環境には益々の気使いが必要と感じた。
DSC00866

フランス帰国報告その5

パリ日仏文化会館はパリ15区、セーヌ河のほとりに建っています。
1997年に完成し、設計者は山中昌之、イギリス人建築家ケネス・アームストロングの手に依るものです。

地上6階、地下5階。

地下に大ホール、地上階に展示ホールや小ホール、図書館、茶室、日本語教室があります。

此処では日本の文化等紹介して居り先月には大津絵の展示会をして居りました。
その折には親しくさせて頂いている大津歴史博物館の学芸員をされている横谷さんに案内をして頂きました。
此の時代パリではガラスで覆われた建築が大流行り?して居りパリのあちら此方でガラスの建築を見る事が出来ます。
ポンピドーセンターが走りのガラスの建築、パリに似つかわしいのかは議論の分かれる所でありますが。

DSC00057

フランス帰国報告その4

パリの左岸、オデオン付近を歩いていると、ん?本屋さん?洋服屋さん?なんか解らんお店を発見。
残念ながらお店はお休みのようで中に入れない。
概ねこんな時は良く有るなぁ〜『したい時に出来ない、見たい時に見れない』。
仕方無いからガン見!して更に出来うる限り写真を撮る。
残念だがこんなコンセプトを考えそのプロジェクトを推し進めるやつは中々出来る奴だろうなぁ〜と。

DSC00931 DSC00932 DSC00934

フランス 帰国報告その3

フランス 帰国報告その3 パリ
建築パパラッチを長くやっていると『鼻が利く』が鍛えられて来たようです。
パリに居た、とある日に、2018年パリで行なわれたクロワッサンコンクールの1位のお店にクロワッサンを求めてパリの外れにあるお店へと通りを歩いていると、なにか?気になる教会が目に入った!グリッドに包まれた外観は以前アーキテクチャースタジオが設計した『アルシュダリアンのノートルダム教会』の片鱗を思い浮かべた。
すぐさま教会に入り中の見学を申し入れたらすんなりOK!
素晴らしく美しかった!外観と中のデザインがメッチャミスマッチ!外からは想像もつかない美しさだった!
設計者は不明!誰がしたか知りたいなぁ〜

DSC00497 DSC00501

大野鶴夫 プロフィール

建築教室

おーの の 雑記帳
[過去のブログ]

過去の記事

カテゴリ

管理

ログイン