ブログ

ご近所を楽しませる

都市型住宅を設計するとプライバシーの確保の為に外部との関係を遮断するデザインが多く成ります。
解り易く言い換えると塀で囲まれた家だらけに成って、通りがアイソの無い『塀通り』に成ってしまいます。
世の中せちがらく成って来たもんだと思いつつそれも仕方のない世の中に成ったから仕方無いかと思ったりします。でもその中でなんとか『通り』との関係性を何とかして持ちたいと思いながら四苦八苦とプランを考えたりしてるんですけどね。
当事務所も同じです、一階に面した事務所は表に面しては会議室兼ギャラリーとして外部に解放しています。

DSC04621

そしてアイストップに緑を造って潤いを与えようと目論んでみました。
会議室兼ギャラリーが金魚鉢のようだとよく言われます、落ち着いて会議なんか出来るのか?
と言われますが意外や意外気にならないものです。
おまけに夜間は灯りが付いているので通りを明るくしているので安全性にも役にたっています。
ご近所からよく知られているらしいです。

私の通勤コースに気になるお家が有ります。
通りから中をうかがう事は出来ませんが四季折々に花を咲かせて通り掛かりの人を気持よくしてくれています。
私なんか毎日立ち止まりいい気分にさせて頂いています。
こうした事もある程度余裕が有るからできるとよく言われますが、基本人はギリギリに生きている訳ではないかと思うのです。
何処かに時間を取るのはその人の気の持ち用ではないかと思うのですね〜。
僕もその域に達したいなぁ〜と思うのですけどね。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

京都でチョッとお勧めのお店

仲良くさせて頂いている竹内さんと広田さんが京都の宮川町の歌舞練場の近くにお店をオープンさせたので、ちょいと訪問させて頂きました。
僅かですが少しだけお手伝いさせて頂いた事も有り出来上がりが凄く気になって居りました。
また、『京都のお店』らしくこのお店『竹や』さんに辿り着くのに少々骨折れます。
注意深く道を探さないとまず見つけるのが困難です。
これが確信犯的にやっているので既に行く事自体が遊びの一つと成ってしまいますね。
ちなみに私は迷わずダイレクトに辿り着いたので少し驚かれたようです。
料理もメニューがおおざっぱに出来て居り、さしずめ『深夜食堂』と言った所でしょうか。
材料が有ればリクエストに応えてくれるそうですが目の前に有るおばんざいで充分な気がします。
我々はピッツアなんかリクエストしました。
ちなみにメニューにピッツアと書いてありますがピッツアの種類は書いておりません。
有るものでリクエストに応えてくれます。
こんなお店が大阪に欲しいなぁ〜。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

自転車を漕いでみる

左半月板の状況が少し改善されて来た様に?思い込んでみた!あくまでも『思い込んでみた。』
流石にスマートに成り過ぎた足は微妙に?いやどうも馴染めない・・
痛み止め(セラコックス)を限界の2錠飲んで効き始めた所からペダルを廻してみた。
フロントはインナーの39、ロウ17、ケイデンス65辺りのマッタリとした踏み込みです。
最初の10分間で痛みが走り出す、まぁ我慢出来る程度、20分経過、少し痛みが増す程度。
更に10分経過、中々の痛み、更に10分合計で50分でギブアップ。
いや中々の汗をかきましたね〜逆に言うと此のギヤ比で、此のケイデンスで汗をかいていると言う事は外に走リに行く事は先ず無理だと解りました・・・。
膝の屈伸で半月板のリハビリに成ると言うので励んでいるが効果は微妙な所でしょうか。
根気が必要だなぁ〜その内根気が無く成ると右足同様10日くらいお蔵に入るしかない・・・。
その方がスッキリとして良いのかもしれないけど出来れば自力で解決したいのが本音です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

貴方は変貌する街が好き?

『大都会は生き物のようだ』とよく言われている言葉です。
『大東京』は常に変貌している世界有数の大都会ではないでしょうか。
『経済が活性化すると街も変貌します』とも言われていますし当にその通りだと思います。
しかし本当にそう無ければ成らないのでしょうか?

一番の注目に値するフランスのパリは私の知る限りの此の35年間はほぼ変わりません。
時折ガラス張りの建築を見る事も有りますし外環状線地域に幾つかの開発は進んでいる所も有りますが基本変わら無い都市景観です。
でも経済が停滞している訳でもなくきちんとバランスよく成長しているのではないでしょうか。
建築を潰しては建て替え、又潰しては建て替えのクラッシュ&ビルドの繰り返しです。
まだまだ使えるのに、古く成ればリノベーション、使い方を変えたければコンバージョンとやり方色々出来ると思います。
建築業界を潤す必要性はあるにしても必要以上は要らない!!!考える時期では無いでしょうか。

此の写真jを見て気が付く方は要るでしょうか?私が確か10代後半の時には既に有りました。
創業は大正八年らしく当に『白寿』!100年近くらしい。
此の建物が100年近くとは想像出来ないが長い事は確かだろう。
何時も変わら無い建築・建物は何かホッとする。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

リセット?

色々となんやかんやと(どちらも同じ事やけど)有りましたがもう過去形にしてしまいましょう!。
済んでしまった事は思いで!もうこれが一番ですね。
今を楽しみ、未来に夢を!これで行こう!
桜は良いなぁ〜所用で家族と姫路城の桜が咲く公園に出掛けて来ました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

大野鶴夫 プロフィール

建築教室

おーの の 雑記帳
[過去のブログ]

過去の記事

カテゴリ

管理

ログイン