ブログ

【日記】カテゴリ

お題が見つからないほど

此の数日は日々仕事に明け暮れています、いわゆるシンキングタイム!て言う奴ですね。

こんな時はただ考え事をして疲れたらコーヒー飲んで、本をペラペラめくって気分転換が過ぎたら又考える、コレの繰り返しですね。

なので何か書こうかと思うとお題が見つからない・・・昨日スルーしたのもそいう訳で今日もスルーしょうかなと思ったけど明日から鹿児島なので何か書かねばと強迫観念的に書き込んでいます。

金曜日土曜日が鹿児島なので日曜日の選挙には間に合う、そうだ選挙話題で行こう!
と言っても何?てですけどね。

今回は政党乱立、中身も不可解(僕の脳みそで)さっぱり解らん!さりとて棄権は許されない!義務は果たさないとね。
隣がきな臭いので紛争(戦争?)だけは回避して欲しいなぁ、首相!煽らんといて!!ホンマ煽って欲しくないなぁ〜。
昨晩長年の友人と食事していた時『来週から韓国へ2週間出張なんだ、なんか嫌やなぁ〜』と言ってました。

僕だったら出来るだけ近寄りたくない地域です、まぁ日本も変わら無いかもしれませんがソウルは眼と鼻の先やからね〜・・・・。

日曜日は皆さん投票に行きましょうね!!!!。

 

写真は先日金沢に行ったときの金沢駅前の門です。
コレを良しとするか、やめて〜と言うか差皆さんはどちらかな???

DSC06794

金沢建築パパラッチ

金沢に有る『海みらい図書館』を見学する。
受付で撮影許可証をもらい見学を開始、図書館と言えば最近建設される図書館の質は飛躍的に向上している。

ただ貸し出しの為だけの図書館ではなく、地域に貢献出来る図書館へ様変わりしているのではないだろうか。
自習室は勿論、子供達が遊べるエリア、色んなジャンルを学べる研修室、地域の特徴を生かした資料、学習、研究に役立つ為のエリア、気持よく読書出来る空間、等々。
学校の図書館みたいだった今迄の図書館とは大違いだ。
図書館と言えば建築家の伊東豊雄の設計した『岐阜みんなの森メディアコスモ』『多摩美術大学付属図書館』『仙台メディアテーク』など革新的な図書館が際立っている。
図書館の役割とは何か?を本当に考えられているのではないかと思う。
そんなワクワクした図書館が豊中にも出来無いものかと考えてしまいます。

 

DSC06917

富山建築行脚

我ら4名様ご一行は午後4時に富山に到着後ホテルにチェックイン、その後、富山の濱田氏の引率で金沢へ新幹線で移動、主計町に有る濱田氏の設計した鮨店へ。
お腹の関係もあり話はソコソコにお寿司を食らいついて初日はただの宴会と化した。
二日目富山美術館の屋上で作家さんの造った遊具で爺さん達ははしゃぎ回っている。

DSC06841

 

屋上庭園ではないが屋上運動公園?楽しい遊具で大人も遊べるこの施設、運営が重要だがこの先が楽しみ。
美術館そのものは残念ながら食指は動かなかった。
わざわざコンペをして内藤大先生に頼んだ意味がよく解らなかった、コンペ参加者は隈研吾・安藤忠雄。その他そうそうたるメンバーが参加したと聞いたが・・・。
その後お茶休憩に隈研吾がデザインしたガラス美術館のカフェに移動。

此処でもメンバーの食指が動かず濱田氏の事務所へ移動して2日目終了。

 

DSC06856

今日は富山へ

一年に一度の建築勉強会、メンバーは岡山の大角氏神家氏、姫路の大西氏と4人で富山の濱田氏の案内で二泊三日の富山の建築研修へ。
車で行くので賑やかしい、静かに行きたいのだがその他一名が兎に角にぎやかしいのでウルサい限りだ・・・。
まぁ長年の事だから成れるしか無い・・・。
さてさてどうなる事やら楽しい限りだ。しかも既に集合時間は1時間遅れている所が我ららしい・・・。

写真は富山とは関係ないが大津です!!

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

読書に浸る

秋の夜長、なにして過ごす?グラス傾けて読書、コレが一番です。
しかも難しい本はうっちゃって、サラッと読み流せるのが一番!
サラッと言ってもマンガのような訳には行きませんが磯崎第千世の文章を読もう何なら僅か5行でポイとホッてしまいたく成る本から比べたら可愛いものです。
最近読書のハマってしまいTSUTAYA書店で買い物三昧です、おかげで精算時にくれるレシートと一緒にポイント10倍シートが当ったり、食べないけどマクドナルドのから揚げみたいなのの割引券とか沢山溜まります。
秋の夜長に読書、如何ですか?

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

越前大野その2

越前大野のメインストリートと言えば良いのか七軒通りが有ります、間口が7軒(おおよそ12.7m)?有りそうな通り、此の通りで朝市が開かれます。
なにかと朝市は定番ですね、盛り上がりに少し欠けますが、それでも人がそれなりに来ていました。
ウダツの上がった民家が何軒か残り、新しく建った銀行等も街並に合わせた建物に成って居る様です。
どうせなら、もう少しデザインを当時の建物に似せてくれたらもっと良かったのにと少し残念・・・。
ブラブラと通りを歩くと観光案内所が有った、ふらっと立ち寄って幾つか質問を投げかけると親切度200%の返事が返って来る。
此方が恐縮するほどだが観光案内所と言った事務的なサービスからもっとサービス業に近い案内書を目指しているのだろうかと思うばかりの親切度だった。
観光局の親切は海外からの観光客は嬉しいだろうな、勿論他地域から来た日本人にも嬉しい限りだ。
ちなみに此処の目的は他にも有る。
南部酒造訪問だ、残念ながら内部の見学は行なってなかったのは残念だが『花垣』は手に入れる事が出来た。
小さな酒蔵なので当然生産量も少ない、酒好きは眼が離せないのだ、勿論美味しさ抜群である。
最初から目的はそれちゃうか?と言われそうだがNO!とは言え無い。
通り2〜300mだが楽しめる所です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

越前大野

世間では3連休、私はカレンダー通り、しかし、休む事なく家族行事に働き通しでした。

母が88歳、そう米寿です、長生きしてくれています、しかも闊達に過ごしていてくれています。
本人はボケたボケたと愚痴まくっていますが、そんなに生きたら普通忘れ物大王に成りますわな。

私でもしょっちゅう忘れ物するのですからなんか嫌みを言われているみたいでテンションが下がります。
まぁ本人にしてみれば『モット私は出来る女』何でしょうね〜出来の悪い息子でスマンな!と」言いたいくらいです。
取り敢えず一族郎党(弟夫婦、娘夫婦+孫 私達夫婦+下の娘)で一泊二日の旅二で掛けて来ました。
幹事は休まる事なくスケジュール監理+観光案内等等忙しい事限り、しかも運転手も兼ねて居ますから大働きです。

余談ですが開けて今日朝、事務所に来るとホッとしますね。良い休養が出来る!!!ちゃうか・・・。
そんな中で越前大野の街並を歩いて来ました。

越前はお水が美味しいとの評判です、美味しい水→美味しい酒=美味しい酒蔵が沢山有る。

そうなんです、越前福井はかなりの酒蔵が有ります、しかもとても優秀!
私一番好きな『白岳仙』そして『黒龍』『白龍』『梵』等等、一流どころが所狭しと並んでいるのです。
自分がしたい事と主役の母親の事で葛藤しながら隙あらばと『伝統有形文化財』だからと言いくるめて訪ねてみると其処はやはり姑息な考えは・・・。
お休みでした!!!!残念!!!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

中秋の名月

昨日今日と月夜が美しいらしい。
らしいと言うのは今ひとつ理解していないからですけど・・・。

以下はtenki.jp からの抜粋です

今年は10月6日が満月に!中秋の名月は満月一歩手前だった!月の満ち欠けを基に暦をつくった旧暦が十五夜を満月とした

中秋の名月を十五夜と呼ぶのは、太陰太陽暦と関係があります。中秋の名月は太陰太陽暦(旧暦)の8月15日です。
旧暦では、月の満ち欠けを基に暦をつくりました。旧暦の1カ月は、月が地球の周りを1周する日数と同じです。つまり、新月が次第にふくらみ満月となり、やがて欠けてまた新月となっていく──。そのサイクルが約29.5日であることから、旧暦の1カ月は29日か30日と決められていました。

そして、その半分である15日の夜の月は、満月=十五夜と、呼ばれるようになったのです。
ただし前述したように、月のサイクルは30日ぴったりで地球を一周するわけでないことや、月の軌道が楕円であることなどにより、実際の満月は1日か2日ずれることが多いのです。今年の場合、実際の満月は10月6日。中秋の名月は満月一歩手前の月なのですね。とはいえ、名月には変わりないので、月の風情を楽しみたいですね。

そう満月は明日なのです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

声が出ない!!

原因不明ですが今朝置きたら声が出ない、急いで耳鼻咽喉科に行ってみた。
どうやら声帯が腫れているらしい。
電話にも出れないし、話せないし、おまけに薬の副作用で眠たいし今日は何も出来ません・・・。
まぁ静かで良いとの噂も・・・。

指摘されました

何度か記述したと思いますが、この日記を書くのに制限時間を設けています。
お題を考える、記述する、写真を載っける、まで10分です。
結構急いで書かねば成らないので書いたものを見直す時間は全く有りません。
で、時折問題が発生します、後で読み直すと誤字脱字が兎に角多いです。
其処をお良く指摘されます、ほぼ毎日書くので時間を取る訳にも行かず適当に放置していましたがクレーマー?に負けてやはり誤字脱字はイカンだろう!と時間を20分に伸ばしました。
コレで少しは誤字脱字は減るかな?

さて本題。
政治問題は書かない主義なのですが、関連話を。
昨日衆議院が解散しました、何時も不思議なのが解散時に何故『万歳』するのでしょうか?
だって、彼ら(議員)は失職する訳ですよね、不幸じゃないですか、不幸に万歳する訳ですよ。
よく解らん・・・・。

写真は昨日『ピッツェリアラポルタ』で開かれたワイン会に行って来た写真です。
シチリアから来られた生産者と輸入会社の社長さん、その関係者+お客さん4名です。
良い勉強に成りました、シチリアに行きたいな。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

気になった記事

先日の朝日新聞にこんな投書が有りました。
若い奥様が5歳の幼児を連れて電車に乗っていました、幼児はまだイヤイヤ期の真っ最中で電車の車中で愚図っていたそうです。
幼児ですから手加減なく泣き叫んでいたのでしょう、母親も気になってしょうがないので一生懸命なだめていたのですが幼児はそう簡単に聞き分けよく成りません。
後一駅と言う時に、おじさんがついに大きな声で怒ってしまいました。
傍に来て幼児に社内で大きい声を出すんじゃないと諭したそうです、五歳の幼児は『ごめんなさい』と謝ったそうです。
駅に降りて改札を出たとたん幼児は大泣きして母親も大泣きしたそうです。
母親は小さな湖がちゃんと謝った事に成長したなと感慨ぶけでしたが。
此の子は果たして電車の中で愚図って大きな声を出していた事が悪かったと思っていたのでしょうか?そうあって欲しいと思うと同時に見知らぬおじさんに一喝されて怖がって謝ったとは思いたくは無いのですが。
さて、悩ましいのは『子供が愚図る』事に注意をする、仕方を考えてみました。
子供が公共の場で傍若無人に廻りに迷惑をかけている時はしっかり叱って欲しい!!
しかし、泣いたり愚図ったりは感情に走っているのではないでしょうか?
そんな時に一喝は効果的なのかな?少し疑問に思いました。
また廻りが子供の泣き声に敏感に反応し過ぎているのではないでしょうか?
僕も子育ての時は子供の愚図るのに慣れっこに成っていたのか余り気にお求めていませんでした。
しかし、今子育てが終わり子供も成長して充分大人に成ったので家の中は静かなものです。
たまに子供が騒いだりしていると『うるさいなぁ!!!』と思う事シバシバです。
孫が出来てたまに家に来ると最初のうちは可愛いものですが愚図ったりするとどうしたモノかと悩んでしまいますね。
そんな環境に居なく成ると子供の声は疎ましく思えるのかもしれません。
しかし、冷静に考えると幼児、子供は喧しいものだ、細胞が活性化して元気が有り余っているのだからうるさいのは仕方が無いのだろう。
でも躾は大事なんだ、叱る時は叱り方理由はとても重要だなと思っています。
幼児が理解出来ていなくても叱る事は大事だろう、問題は叱り方なんだろうな、難しい!!
又社会が子供にもう少し寛容に成って欲しい、しかし躾(叱る)も同時に必要だ。
電車の中で走り廻ったりしたら親も含めて廻りの人も優しく叱って欲しいなぁ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

陰翳

日本の家屋、空間の良さは闇と光ではないかと思います。
光は闇を照らす、闇が有るから光が輝く、光が有るから闇が潜む。
二元対立と言うべきか相反する事に依る効果だと思う。
庇が長く出た家屋は直射日光が入り込まない、太陽の光は一度、大地から反射しそれが今度は庇に反射されて家屋内に灯りとして照らされる。
柔らかい灯りと成るのです。
日本には金銀の素材を使った床の間や屏風、掛け軸等が有る。
明るい所で見ると、ケバく見えて仕方が無いが、薄暗い床の間では落ち着いた輝きを放つのです。

今の日本家屋での照明は天井に吊るされた蛍光灯によって、こうこうと明るく照らされています。
空間に変化の無い薄っぺらい空間に見えてしまうのは其の為なのです。
一様な所に必要な分だけの灯り、今日から試してみませんか。
#陰翳

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

朝食後のデザート

私の食生活の中で概ね一番沢山食べるのは朝でしょうか。
何故なら、夜はお酒と肴で意外と少ないのです、でも何かの拍子にど〜〜んと食べる事もまま有りますけど。
そんな時は朝はダメですね、かなりの小食に成ります、でも何故か朝はしっかり食べる口です。
しかも以前に何度か述べましたが我が家は女性陣が多かったので(3対1)甘いモノが家には必ず有ります。
そんなこんなで私もいつの間にやら甘いモノ党に仲間入りしてしまいました。
昼はランチなのと夜はお酒が入るので甘いモノは食べません、結果、朝に相成ります。
朝食後には何か甘いモノが欲しく成ってしまう口に成ってしまいました。
洋菓子と和菓子のどちらが好みかと申しますと断然和菓子!
勿論洋菓子でも全くOK!節操がない・・・と言われそうですけど。
今日の和菓子は無花果饅頭です、無花果がまんまる入った饅頭です。
朝に焙煎したグァテマラコーヒーと此の饅頭は良いマッチング。
美味しかった!!大津の『餅兵』無花果饅頭、是非お勧め致します。
コマーシャル料は頂いていません。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

昨日は大津へ

友人がコンサートに出ると言うので拝聴に琵琶湖ホール迄。
折角なので出番の2時間前迄に大津に行き町をブラブラと散歩する事にした。
大津に来るのは多分10数年振りかと。
大津駅の居りたら景色がかなり変わっていた、駅自身もリニューアルされたり増設されたりお店も随分と都会っぽく今風なお店が増えていた。
当然だがホテルも彼方此方に見えている、何と駅上にホテルが出来ていたのには驚いた。
多分京都観光のお客目当てかな?勿論、琵琶湖観光にも使い勝手が良いのです。
そんな大津をブラブラと、駅の観光案内所から頂いた『大津町屋めぐり』map片手に散歩。
小川家住宅、写真に見える北川家住宅、大津魚忠等見て歩き和菓子屋の『餅兵』では美味しい和菓子を食べ歩き。
最後に23年前に建築士会で優秀賞を頂いた『湖隠』(公衆トイレ)と再会した。
メンテナンスが中々出来ていなかったのが残念であります。
古い建物を見ると何時も思うのが日本では建物をメンテナンスすることが苦手なのか、めんどくさいと思うのか、お金を使う事が嫌なのかよく解りませんが建てたものにお金を使う意識が少ないですね〜。
痛んだものを放置すると余計にお金が掛かってしまうのですよね〜
こまめにメンテナンスすれば建物は長持ちするし見てくれも美しいのに勿体ないです。
ヨーロッパを引き合いに出す訳ではないのですが地方に行くとお花を飾ったりお家を磨いたり美しく保っています。
彼らは単に自分の財産の為にメンテナンスするだけでなく自分の町に誇りや愛情が有るのでしょうね。
美しく有りたいと。
家だけではなくて庭や樹々にも配慮しています。
日本もそうあって欲しいなぁ。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

21日は個人的祝日

例年、この日は体力測定を兼ねて何処迄頑張れるか自転車、若しくはランニングをする事に成っています。
しかし、ご存知の様に半月板損傷の為ランニングか叶いません。
昨年は手術 一昨年に膝を痛め体力測定は適当でした。
昨年の手術からリハビリを開始して順調にいくかと見えた私のリハビリは今年の春に、今度は左足半月板損傷と成り挫折・・・。
めげずに半年のリハビリでドクターから本当に軽くなら外にサイクリングに行って良いとの許可を頂きました。
当日、心拍数は120前後、最大130未満と決めて家から423号線を北上し川西能勢口、余野、豊能町から京都府の府境越えて西別院、柊峠でデンして能勢町を南下、一庫ダム、川西から猪名川へ迂回して空港経由で帰宅。
疲れました〜〜〜〜・・・・。
いやホント体力の低下が激しい!2年前は3日間で260km走っていたのですが・・・・。
幾ら半年間のブランクが有るとはいえ、まぁ厳密には1年と数ヶ月かもしれませんがそれでも室内でリハビリしていたのに余りにもの低下で少々凹み気味です。
コレから焦らずに少しづつ少しづつ冬のスキーに向けて頑張ります、勿論仕事も!!!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

赤ちゃんは天下無敵

敬老の日は孫と戯れる。
世間で言う様に爺婆は孫に夢中!とよく言われますが夢中かどうかはわかりませんが赤ちゃんは本当に可愛いものです。
此の数年、住宅の仕事で係ったお家で出産時にぶつかったのが3件有りました。
当然ですが打ち合わせ、現場、完成と進む中で2年くらいの時間が過ぎますので、その間の子供の成長をまざまざと体験出来ます。
どのお家も可愛い赤ちゃん(子供)でした、僕も思わず抱っこしたく、て言うか抱っこしてましたね。
赤ちゃんが可愛く思えないのは居てるかもしれませんが少数派ではないかと。
なんにしても可愛いものですが、世間で言う溺愛迄は無いかな?自分の娘が産まれた時の感激はそれはもうビックリポン!でした。
自分の子供と娘の子供、少し間が空きますね。
当然ですが日頃赤ちゃんが居ない、大人だけの生活ですから赤ちゃんが生活空間に入ると日常生活が変わります。
3日も過ぎると少し疲労感が出ますね、帰るとホッとするが正直な所。
よく言われます、『孫は来て嬉しい、帰って嬉しい』

 

21463155_1205925172846250_8966298743187026000_n

心和む場

仕事場と住居が近接していると気持の切り替え場所が欲しく成ります。
豊中に引っ越して早4年と8ヶ月経ちました、当初は仕事場から直帰?家に向かっていたものです。
1年位経った頃からでしょうか、どうも今ひとつ気持が変わら無いのでご近所のお店に顔を出す様にしました。
私有は他にもあって、仕事場が商店街に近く飲食店も色々とあります。
事務所も1階に有るのである意味お店を出している感覚でしょうか。
ご近所からも『アソコは何屋さん?』と思われているフシが有りました。
案の定、飲食店に入り何気に『何処で働いているの?』と聞かれ『何処何処のアソコ』と答えると『そうなんか〜何屋さんか解らんからみんなで噂になっとってん』と聞かされてしまいます。
そんなこんなでご近所で仲良く成って行くんですがお店も好みが出来たり狭い世間なので当たり障りのない程度のお付き合いに成ります。
そんな中でゆる〜〜いお店を見つけました、でもなんですね〜そんなお店ほど長くは続かないのですよね〜

このお店も11月の始めでお店を締める事に成ってしまいました・・・。
バイオリニスト、フルート、ギタリスト等等、音楽を趣味にしている人達が集まるお店だったんですよね。
お店の中で即興で演奏が始まったりします、いやぁ〜凄い盛り上がりなんですよね〜。
ただ馴染みの人ばっかしなんで新規のお客さんが入りにくい感じなのでしょうか?僕はそう思わなかったのですが。
私の場合は鈍感なのかもしれません。
残念で仕方がないのです、心和む場が無く成ってしまうのは。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

カタカナ語

新聞やテレビを見たり読んだりするとカタカナ語がやたら出て来ます。

ニュースも多いですね〜一番多く感じたのは東京都知事の小池さんが話す時は内容がほぼ解りません。
パソコン用語もさっぱりです・・・。
英語も苦手やのに日本語も解らん様に成って来たような気がする・・・・。
例を挙げると
キャッチアップ コミット オーソライズ プライオリティー ワンストップ コンフィデンシャル 
アセスメント(アセス) ディフオルト サスティなビリティー ボトルネック スキーム コンセンサス

ジャッジ アバンギャルド コケティッシュ コンテンポラリー ローンチ ナレッジ ヒエラルキー フロー
インスパイアー アウトプット アプリケーション ブラッシュアップ ニッチ ステレオタイプ ジレンマ
等々沢山ありますが皆さんこれ全部解りますか?この辺りはフツ〜に出て来ます。
アイロニー ソリューション エビデンス アカウンタビリティー グローバルスタンダード ロハス 
オフグリッド ノーマライゼーション ワーキングプア オンブズマン アジェンダ カタルシス
もうこの辺りで中級らしいです。
是等は全体の1%位です、本を読んでいると段々と日本語はどうなって行くのだろうと少し疑問に思うのは私だけなんだろうか?
建築談義をしていても同様にカタカナ語は頻繁に出て来ます。

スラブ レベル ポストモダニズム シーン ファサード オープンエアー ロフト コンペ ローコスト
デザインサーヴエイ ディティール コンテキスト(コンテクスト)ハイサイドライト プランニング
等々と書き出したらきりがないほど出て来ます。
日本語にして欲しいなぁと思う私です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

自転車仲間と反省会?

昨晩は乗鞍ヒルクライムに参加した自転車仲間の反省会?にオブザーバーとして参加させて頂きました。
最後に乗鞍にチャレンジしたのは何年前なのだろうか?もう記憶が彼方のような気がします。
感想されて皆さんは目標が達成されて気分は最高潮!、端で見てて羨ましくて仕方がない!!
タイムも1時間20分台で駆け上がる猛者達だ僕の最高タイムが確か1時間36〜8分辺りやったような気がする。
まぁ全盛期ですね、最後に走った記録が2時間数分でした、それから考えると猛烈な早さで駆け上がっています。

乗鞍のヒルクライムで一番辛いのはラスト5kmですね、森林限界を超える辺りは酸素が薄く気力との戦いではないでしょうか。
踏めども踏めども前へ進まない感覚ですね。
でもゴールの後は達成感で一杯になるアノ感覚は何ににも代え難い気持に成ります。
其の大会に参加している仲間達は羨ましくて仕方無いですね。
まぁ充分に今迄楽しませて頂きましたから良しとするつもりですが、此の反省会に居てても大会に参加している人達との温度差はイカンともしがたいなぁ〜羨ましい!!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

民放テレビ局への不信感

朝は時間を感覚的に感じるようテレビを掛けている、番組で時間帯が解るからだ。

朝は情報番組が多いのでどのチャンネルでも内容は画一的ですね、話している内容もたいして変わりはなくほぼ同じではないでしょうか。

何時も思うのはどの局も同じ内容を流している事です、しかも傾向も同じ。
最近特に不愉快なのはその内容が果たして公共の電波に乗せて議論するべきものなのか、議論に値するものなのか。
何が言いたいのかと言うと此の何年構えからやたら不倫みたいな男女関係の事をやたら報道している事です、しかも朝の一番から!
視聴者がそんなに興味を持っていると言うのだろうか?他人の男女事等全く興味もないし利害関係もないし、それを全く関係のないコメンテーター?らしき人があ〜だこ〜だとまことしやかに話しているのは滑稽で仕方がない。
そこに持って公共の電波を大事な時間帯にどーでもよい事を話すのは如何なモノかと思うばかりです。
今日は本当に怒っていますね〜
いやホント、噂話も直ぐに終わるかと思いきや、やたら話題を引っ張っているので視聴者をばかにするな!と言いたいです。
逆に羨ましいのか?と言いたいくらいです。
あ〜スッキリした!!
写真も私も若オネーさんを載せておきます。私の◯人です。

img035

 

大野鶴夫 プロフィール

建築教室

おーの の 雑記帳
[過去のブログ]

過去の記事

カテゴリ

管理

ログイン