事例

30-01

塚口の集合住宅

兵庫県尼崎市に建つコンクリート4階建て賃貸集合住宅。阪急電車塚口駅から徒歩10分圏内の住宅地に位置している。
この集合住宅の課題は周辺環境を壊さない事だった。

東側・北側・南側とも住宅が迫っており、唯一駐車場のある西側も将来の計画がみえない。法的にはもっと大きな建築物を建てることができるが、敢えて周辺環境を考えて小さくした。さら隣地への通風や採光を考えて、小さな2棟に分けた分棟案にした。こうする事で建築のボリュームによる圧迫感を防ぎ、通風や採光に有利に働く。またスキップフロアーにし視線の直視を避けることで、プライバシーに考慮した。

ワンルームマンションでは有るが、各戸に大人2人が生活出来る十分な面積を確保している。

集合住宅

所在地 兵庫県尼崎市
敷地面積 194,59㎡
延床面積 385,68㎡
竣工 1989年3月