事例

03-08

宝塚の家(遠望庵)

兵庫県宝塚市の高台に建つ平屋住宅。敷地は140平米ほどの傾斜地に造成されている。

大阪豊中平野を見渡す事ができる素晴らしい眺望、さらに伊丹空港から離陸した飛行機が迫って来るのは壮観だ。この眺望を軸線に座敷、ダイニング、キッチンとを繋いでいる。

老夫婦が居住するこの家は、太い大黒柱を起点に方形なプランとされ、高齢者でも解りやすく住みやすい間取りだ。眺望よく自然環境に恵まれているため、光と風をふんだんに取り入れる事を心掛けた。室内に吹き込まれた風は上昇し、トップサイドライトより抜けていく。そして光は、トップサイドライトより家全体に柔らかく降りそそぐようになっている。

また、台所を一段下げることによって、台所・食堂・和室・濡れ縁での目線を同じ高さに合わせた。開口部は全て木製建具がはめこまれており、それは壁に全て収納することができる。風景が切り取られ、絵画の様に見える「ピクチャーウィンドウ」として見る事ができるのだ。

住宅

所在地 兵庫県宝塚市
家族構成 夫婦
構造規模 木造1階建
延床面積 125,45㎡
竣工 1989年1月