ブログ

陰翳

此の写真の様に日本の美の中で光と影の美しさが一番綺麗だと思うのは私だけではないだろうと思います。
谷崎潤一郎の本の中でも書かれていますが光と影は表裏一体のようなものでなくては成らない存在だと思います。

建築の中で『陰翳』うぃ表現するには一瞬の切り取りだけを考えるのではなく光の移り変わりの中で『陰翳』を捉えて今ねばならないのです。

私が果たしそれが出来るのだろうか??何時もどうしたら良いのか考えて入るのですが・・・・。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
※管理者によって承認されてから、表示されます。

大野鶴夫 プロフィール

建築教室

おーの の 雑記帳
[過去のブログ]

過去の記事

カテゴリ

管理

ログイン